HOME › クラウドクレジットってどんなサービス?特徴をまとめてみました!

クラウドクレジットってどんなサービス?特徴をまとめてみました!

こんにちは。
昨日の雨はヒドかったですねー・・・

私は室内にいたので雨には濡れなかったのですが、雷がぴかぴか光っていてビクビクしてました。。。

雷、ビックリするから苦手なんですよね・・・><

今日は昨日のような天気にならないことを祈りつつ、本題に入っていきましょう。

クラウドクレジットってどんなサービス?

まだまだソーシャルレンディングに関しては素人のワタシ。
たまたま偶然だったのですが、最近新しいソーシャルレンディングのサービスを発見しました。

今までに見たことない公式ホームページだったのでちょっとチェックしてみました。
まずは基本情報から見ていきましょう。

クラウドクレジット

クラウドクレジット
海外のファンドを扱っているソーシャルレンディングサービス
海外投資 長期運用
登録費用 初心者向け 案件の充実度
無料 ★★★★☆ ★★★★☆

クラウドクレジットは、他のソーシャルレンディングサービスとは少し違うサービスのようです。
扱っている案件は海外のファンドばかり・・・しかも1つの国に限らず、色んな国のファンドがあります。
ファンドの内容も、今までのサービスでは見たことがないようなものもあります。
一体どんなサービスなのでしょうか?調べてみましょう!

公式ホームページを見てみると、他のソーシャルレンディングのサービスとは少し中身が違うようです・・・
どんな投資案件を扱っているのでしょうか。

モットーは「世界の信用市場をひとつに。」

世界の信用市場をひとつに。 クラウドクレジット公式ページより

信用市場とは?
信用リスク(お金を借りたい人の信用度が変化するリスク)を持っている商品(クレジット商品)を取引する市場のこと

クラウドクレジットでは、今まで日本では出回らなかった欧州(ヨーロッパ)やラテンアメリカをはじめとする海外の消費者ローンや事業者ローン、延滞しているローンに投資を行うといった案件を取り扱っています。

今まで、海外の案件を扱うソーシャルレンディングというと、ガイアファンディングスマートレンドしか知らなかったのですが、他にもあったんですね。

しかも、ヨーロッパやラテンアメリカなどの国の案件を扱っている業者も初めて見ました。
あとで取り扱いファンドも紹介していくのですが、本当に様々な国の案件が出ています。

海外の案件を扱っているクラウドクレジットの仕組みはどうなっているのでしょうか?

クラウドクレジットの仕組み

クラウドクレジットの仕組み クラウドクレジットの仕組み

この図を見ながら解説すると、「資産運用をしたいな」と思っている投資家が、まずクラウドクレジットに出ている案件に投資をします。

その資金を元に、クラウドクレジットは海外の子会社に貸し付けを行います。

そして、その海外の子会社がパートナー事業者に審査や回収の業務委託を行います。

委託されたパートナー事業者が実際に個人中小企業(案件)の審査や回収を行っているようです。

返済に関しては元本・利息の支払いは中小企業(案件)から、海外の子会社にいき、そこからクラウドクレジット→投資家へと分配されます。

か・・・関わっている事業が多いんですね。

クラウドクレジットは、とにかく世界中に提携しているパートナー会社が多いようです。

提携しているパートナー会社 提携しているパートナー会社

公式ページで見ると、それぞれの会社の詳細を確認することが出来ますので、気になる方はチェックしてみて下さい。

募集ファンド一覧

続いて、クラウドクレジットで募集しているファンドを見ていきましょう。

元々、イギリスから始まったソーシャルレンディングですからやはりヨーロッパのほうが案件が多いんですかね。
一覧ページをチェックしてみます。

募集ファンド一覧ページ 募集ファンド一覧ページ

案件、多いなー!!

かなり多かったので、画像は途中でぶった切っていますが、公式ページで確認するとかなりの案件数です。
2016年7月15日時点での情報です。

しかも、本当に色んな国の案件があるので、国旗のアイコンがカラフルですね。

販売金額(募集金額のこと)は300万円~2,000万円
他のサービスでは何千万円~何億円でのプロジェクトを募集しているのに比べて割と少ないなという印象です。

運用期間はここに載っている限りでは約1年未満のものから、約3年まで。
しかも、案件の半数以上が約3年のものが多いです。

3年って長いですね!

他サービスと比較してみると、確かに運用期間36ヶ月(3年)の案件もありますが、数が少ないイメージです。

大体1年前後、短いものだと4ヶ月のプロジェクトもある中でクラウドクレジットの案件は一番短くても約7か月です。

運用期間が長いと、返済遅れや貸し倒れリスクの期間がその分長くなりますが、利息が分配される期間も長くなります。

同じ年利・金額を投資しても、6ヶ月の案件と36ヶ月の案件では、返ってくる金額にかなり差が出るのです。

これはあくまで個人的な考えですが、やっぱり長期運用案件はサービス側としてもリスクを考える期間がその分長くなってしまうもの。

それでも、クラウドクレジットが長期案件を多数扱っているということはその分自信がある案件を提供してくれている、ということなのでしょうか。

勿論、長期でないと運用できないという案件もあると思いますが、そもそも返済が出来ないと審査に通ることもできませんので、それだけ長期間でも返済能力が高い案件が多いんでしょうね。

そーゆー話を直接聞きたくなるんだよなぁ。。w

やっぱり私はまだまだソーシャルレンディング初心者・・・

公式ページの内容を見ていても、分からないことも多いです。。。

こういった内容はあくまで個人の予想でしかないので・・・
いつかサービスを運営している方にお会いできることがあれば、聞いてみたいです。

・・・と、思ったら投資を学ぶ&セミナー情報が!

セミナー情報 セミナー情報

聞きに行けるじゃん!

どうやらクラウドクレジットでは、サービス・会社のことは勿論、ソーシャルレンディングに関連する情報を知ってもらう場として、セミナーを開催しているようです。

今日から一番近いセミナーは7月27日(水)です。

内容としては「ソーシャルレンディングはじめて講座」ということで、ソーシャルレンディング初心者に向けたセミナーのようです。

「ソーシャルレンディングはじめて講座」

【セミナー内容】
・クラウドクレジット会社紹介
・そもそも、ソーシャルレンディングとは?
・世界のソーシャルレンディング動向と日本のソーシャルレンディング動向
・クラウドクレジットの商品のご紹介

※内容は変更される場合があります。

参加費は無料で、場所は「茅場町共同ビル1階イベントスペース」という場所で行われるようです。
最寄駅は茅場町駅ですね。

東京メトロ東西線や日比谷線で行くことが出来ます。

「茅場町共同ビル1階イベントスペース」

【住所・最寄駅】
会場:茅場町共同ビル1階イベントスペース
東京都中央区日本橋茅場町1-6-12 茅場町共同ビル

東京メトロ東西線 茅場町駅8番出口

えー、行きたいな。。。

ちょっと気になるので、このセミナー参加してみようと思います。

また、その様子もブログに書きたいと思いますので、お楽しみに!


│ 記事投稿日 : 2016年7月15日  │ ブログのカテゴリ : クラウドクレジット │ 

▶ インタビュー

  • maneoで投資!投資家Yさんにインタビュー
  • 一般投資家Yさんの資産状況を公開!
  • クラウドポートにインタビュー!何が出来るサービスなの?!
  • クラウドクレジット×ラッキーバンク対談企画
  • 突撃!ラッキーバンクに行ってみた!
  • クラウドリアルティ鬼頭社長に特別インタビュー

▶ MENU 一覧

▶ 掲載中サービス業者の詳細

▶ カテゴリー別で比較

▶ 自己資金20万円を投資します!
初心者の実践ブログ

ブログの管理人「ソレン」
ブログの管理人「ソレン」です!

管理人:ソレン
投資家レベル:星評価1
趣味:バイク、アニメ、海

ソーシャルレンディングで投資を始めようと日々、勉強中です!
投資体験ブログを更新していきますねー!

▶ サービス別でブログ記事を読む

▶ 投資に関するQ&A