HOMEクラウドクレジットの詳細

クラウドクレジット
2020年07月12日更新!

クラウドクレジット
ヨーロッパ等、海外案件を中心にしたサービス
海外投資 長期運用 女性向け
平均利回り 平均運用期間 現在の募集ファンド
最大14.5%~ 最短約7か月 14件

クラウドクレジットは、海外の投資案件に特化したソーシャルレンディングのサービスです。
日本国内では当時、はじめて国際展開されたサービスとして注目を集めました。

クラウドクレジットが他サービスと比較して最大に異なる点といえば、他サービスでは企業や事業に向けて投資を行うケースが多い中で、クラウドクレジットは主に個人に投資を行うファンドを扱っている点です。

例えばの話をすると・・・
サービスAのファンドに10万円を投資すると、1~2つの投資先に10万円が分散されるのに対し、
クラウドクレジットに10万円投資すると、10つの投資先に分散される仕組みになっています。

クラウドクレジットで投資

投資先が多いほど、リスク分散されるので貸し倒れのリスクも低減することが出来ます。
※この方法を「小口分散」と言います。

このように、クラウドクレジットでは担保以外の方法でもリスクに対する対処法を多々設定しています。
投資家は、そのリスクへの対処法タイプから、投資案件を選ぶことも可能なのです。

リスクからファンドを選ぶ、というのは業界の中でもクラウドクレジットだけなのではと思います。

更にクラウドクレジットは世界各国のファンドを扱っているので日本のみならず、海外にも多く提携会社・子会社を持ってます。
クラウドクレジットの仕組み

提携しているパートナー会社

「ソーシャルレンディングって何?」という投資初心者の為に、投資商品やサービスの詳細に関するブログも随時更新され、また無料で参加できるセミナーも開催しています。

2016年8月30日資産運用Fintech勉強会「家計から考える資産運用」開催
「家計から考える資産運用」をテーマに、生活改善に役立つ資産管理方法についてのお話が聞けます!

他ソーシャルレンディングサービスとも繋がりがあり、合同セミナーや勉強会を開催する事もあるようです。

無料セミナーへは、口座開設をしていなくても参加可能なので興味がある方はぜひ一度、参加してみて下さい。

サービスに関する情報
   
サービスのタイプ 出資者手数料 最低出資額 成立ローン総額
金融貸付型 無料 5万円~ 133億2,914万
会社情報
   
運営企業名 法人設立 業務開始時期
クラウドクレジット株式会社 2013年1月 2014年6月
資本金/純資産 出資者/株主 登録等
杉山 智行、伊藤忠商事株式会社 他 金融業(第二種金商品取引業者:関東財務局長(金商)第2809号)
その他注意事項
   
その他補足欄
-

クラウドクレジットで現在募集中のファンド一覧

詳細
画像

※1…年利・税引き前・手数料前