HOME › 海外の投資型クラウドファンディング(ソーシャルレンディング)会社を比較!国内サービスとの違いは?

海外の投資型クラウドファンディング(ソーシャルレンディング)サービスとは?

イギリス 当サイトは日本国内の投資型クラウドファンディング(ソーシャルレンディング)サービスを紹介していますが、ここでは世界にある海外サービスについても紹介したいと思います。

もともと、ソーシャルレンディングはイギリスで生まれた投資商品です。
イギリスや、アメリカをはじめとする海外では日本より投資が身近な存在です。
ほとんどの人が何らかの投資を行っている中、ソーシャルレンディングはリスクが少なく、小額から始めることが出来ると人気の商品です。

世界の市場で見てみると、ソーシャルレンディングだけですでに500億円以上ものお金が動いていると言われています。
ソーシャルレンディングが世界でどれだけ注目されているのかが数字を見ただけで、分かりますね。

それに比べて日本ではソーシャルレンディング自体まだまだ知名度が低く、参入したのもここ10年足らずと最近です。
OPENしたばかりのサービスも多く、数が増えだしたのもここ2、3年だと思います。(2016年現在)

それに引き換え、海外では待ちゆく人に聞けば、誰でも知っているというサービスも多いようです。
果たして海外ではどんなサービスが存在しているのでしょうか??

まずは、海外サービスの中でも有名な会社をご紹介していきたいと思います。

海外の投資型クラウドファンディング(ソーシャルレンディング)サービスを比較

レンディングクラブ(Lending Club)

レンディングクラブ
アメリカで最も大きなソーシャルレンディング会社
サービスの規模 サービス認知度 運営している国
★★★★★ ★★★★★ アメリカ

レンディングクラブはアメリカでも最も大きいと言われているソーシャルレンディングのサービスです。
ニューヨークの証券取引所に上場している企業で、主なファンドとしては消費者ローン、無担保ローンの投資ファンドを扱っています。

2007年にサービスを開始してから着々と事業を拡大し、2014年度には貸付金残高が40億ドル(日本円で約4,080億円)!
世界のGoogleも株主となっており、信頼度・安定感共にナンバーワンのサービスと言えます。

プロスパー(Pros Per)

プロスパー
有力な投資家が株主!サービス登録数は27万人超!
サービスの規模 サービス認知度 運営している国
★★★★★ ★★★★★ アメリカ

こちらもレンディングクラブ同様、アメリカで運営されているソーシャルレンディングのサービスです。
プロスパーこそアメリカで最も大きなソーシャルレンディングサービスだと言う人もいるほど、レンディングクラブに負けず劣らず人気のサービス。

扱うファンドは主に消費者ローンファンドが中心になっています。
例えば不動産の購入や事業立ち上げなどでお金を借りたいという人、またそれらの人たちに融資をしたいという人が中心になってサイトに登録しています。
企業と個人というよりかは、個人同士でお金を融資し合うという仕組みになっています。

ゾーパ(ZoPa)

ゾーパ(ZoPa)
ヨーロッパ最大級のソーシャルレンディングサービス!
サービスの規模 サービス認知度 運営している国
★★★★★ ★★★★★ イギリス

ゾーパはイギリスで運営されているサービスで、ヨーロッパでも最大規模のサービスと言われています。
2005年にサービスが開始され、右肩上がりで成長し続けているサービスです。
お金を借りたい人には、金利を低く融資を行いながらも、融資する投資家側には高い利回りを返しているスタイルが人気の理由のようです。

ゾーパはもともとP2P(パソコンからパソコンへ、ファイルを送る為のシステム)を開拓した企業で、ソーシャルレンディングを創り上げた企業だともいわれています。
日本にも進出したことがあったそうなんですが、あまり定着しなかったようで撤退してしまったそうです。

ファンディングサークル(Funding Circle)

ファンディングサークル(Funding Circle)
イギリスの人気ソーシャルレンディングサービス
サービスの規模 サービス認知度 運営している国
★★★☆☆ ★★★☆☆ イギリス

ファンディングサークルはイギリスで運営されているソーシャルレンディング会社です。
もともと、ソーシャルレンディングはイギリスが発祥の地と言われるだけあって、人気・注目度は高いです。

2010年にサービスが開始され、個人向けの無担保ローンファンドの中でも小規模ビジネスへのサービスに目が向けられているようです。
イギリスの銀行は個人や企業に対する審査が日本と同様、とても厳しく、資金が調達できない小規模ビジネスが山のようにあるそうです。
そんなビジネスを応援しよう!という気持ちで立ち上げられたサービスなので、初心者でも使いやすいよう作られている点もまた人気の理由のようです。

オンデッキ(OnDeck)

オンデッキ(OnDeck)
シンプルで使いやすいとアメリカでも人気のサービス
サービスの規模 サービス認知度 運営している国
★★★☆☆ ★★☆☆☆ アメリカ

オンデッキは先に紹介したレンディングクラブとほぼ同時期に、IPOを果たした企業として注目されています。
2007年にサービスが開始され、融資総額は約10億ドル超え!!

主に中小企業向けのローンファンドの取り扱いがあり、アメリカでは有名な企業のようです。
サービス独自の厳しい審査のもと、優良な融資先だけを投資家に提供。
サービスの作りがとてもシンプルで、お金を借りる側も融資する側からも、とても使いやすく分かりやすいと高評価のようです。

海外サービスの公式ページを見た感想

他にも海外サービスはたくさんあるのですが、キリがないので有名どこの5社を紹介しました。
上記に紹介した、全サービスの公式ページを見て見たんですが・・・

まぁ、全部英語で読めない。

私の英語力、果てしなくゼロに近いので・・・。。

しかし海外サービスを日本のサービスと比較すると、個人向け融資のローンファンドを扱うサービスが多いです。

と、いうのは多分日本との文化の違いが関係するんだと思います。
海外は、日本と比べて『お金を借りる』という文化が生活の中でとても身近にあるんですね。

外国人1「ちょっと旅行に行きたいな~」

外国人2「海外旅行行きたくない~!?」

外国人1「行きたい~!ヨーロッパ一周とかしちゃう?!」

外国人2「しようしよう!!・・・でもお金ないよ?!」

外国人1「え、じゃぁソーシャルレンディング使ってお金借りようよ!!」

・・・これはめちゃめちゃ極端な例ですが、まぁ要はお金を借りる感覚的な話はこんなレベルだということです。

日本人はどうしても『お金を借りる』ということに抵抗があり、あまり人にも言いたくないとか、そういったイメージがありますが、海外はあまりそういう感じではないようです。
だからこそ、ソーシャルレンディングは素晴らしい商品だと注目され、市場規模もどんどん大きくなっているのです。

海外と、日本国内のサービスだったら、どっちが良いの?

正直なところ英語が出来る人であれば、海外サービスの方がオススメかもしれません。
それは国内サービスと比較して、海外サービスは扱うファンドの数が全然多いですし、利回りも高いです。

それに、海外が発祥の地なのでサービスとしての注目度や規模、安定感、サービスの仕組みも確立されています。

ただ、投資初心者ではじめてソーシャルレンディングに挑戦するのであれば、まずは日本国内サービスを使ってみることをおススメします。
やっぱり日本文化に合ったファンドを多く扱っていますし、イザという時にすぐにお問い合わせも出来ます。

無料で開催しているセミナーなどにも参加することが出来るので、私も個人的に言ってしまえば、どちらかというと国内サービスがいいなぁと思います。

というか、まず英語読めないしね。。。

それでは、次に日本国内のサービスの中でも、扱うファンド数が多く規模も大きい人気サービス5つを紹介したいと思いますので、是非参考にしてください。
海外サービスと比較して、違いも見てみて下さい。

日本国内のサービスならココ!口座開設して間違いない業者ベスト5

クラウドクレジット

クラウドクレジット
国内業者せ世界のファンドを扱うサービス!
海外投資 長期運用
口座開設費用 投資手数料 最低投資額
無料 0円 5万円~

クラウドクレジットは日本国内のサービスですが、欧州・ラテンアメリカなどをはじめとする世界中のファンドを取り扱っています。
国内業者の中で、唯一の海外投資ファンド特化型のサービスです。
期待利回りも高く、最大だと15%と国内業者の中でもトップクラス。
日本で海外の投資ファンドに投資をする場合、為替リスクが心配されますが、クラウドクレジットは選択肢が広く、少しでもリスクを下げたいという投資家の為、為替ヘッジの有無が選べるファンドも扱っています。
投資家の声を一番に聞いて、サービスに反映している初心者にも優しいサービスだと思います。

みんなのクレジット

みんなのクレジット
キャンペーンが豊富なソーシャルレンディングサービス
初心者向け 短期~長期運用
口座開設費用 投資手数料 最低投資額
無料 0円 10万円~

みんなのクレジットは国内のサービスの中で最も多くのキャンペーンを開催しているサービスです。
新しいキャンペーンがほぼ毎日実施されていて、中にはそれ目当てにみんなのクレジットで投資をしているという人もいるそう。
利回りは最大最大14.5%と、クラウドクレジットに並ぶ高利回りが期待できます。

運用期間も短期~長期まで揃っていて、一番短期だとなんと0ヶ月のファンドも!
初心者が選びやすい投資ファンドが揃っているなと思えるサービスです。

OwnersBook(オーナーズブック)

OwnersBook(オーナーズブック)
1万円から不動産投資が出来る!注目のサービスです
不動産投資 小額投資可能
口座開設費用 投資手数料 最低投資額
無料 0円 1万円~

OwnersBook(オーナーズブック)は不動産投資ファンド特化型サービスです。
全ファンドが1万円から投資できるので、まず最初は少ない金額から試したいという方にもオススメ。

OwnersBook(オーナーズブック)は日本国内業者で唯一、SNSを通じ投資家同士のコミュニケーションを取ることが可能です。
初心者でも、他の投資家の人と情報交換が出来るので安心して資産運用が望めます。

Lucky Bank(ラッキーバンク)

Lucky Bank(ラッキーバンク)
利息は毎月分配!急成長が止まらない注目サービス
不動産投資 安心・信頼度
口座開設費用 投資手数料 最低投資額
無料 0円 1万円~

ラッキーバンクはオーナーズブック同様、不動産ファンド特化型の国内ソーシャルレンディング業者です。
全ての案件に不動産担保が付いていて、1万円から投資が出来る点も投資家から人気のポイントです。
成長スピードが非常に早く、サービスを開始してからわずか2年足らずで累計調達金額が66億円を突破!

安心・安全性が非常に高いファンドを提供しているとして、20~40代の投資家から支持されています。
これからの成長も期待できるサービスだと思います。

SBIソーシャルレンディング

SBIソーシャルレンディング
SBIホールディングスが運用するソーシャルレンディング
安心・信頼度 不動産投資
口座開設費用 投資手数料 最低投資額
無料 0円 1万円~

SBIソーシャルレンディングの最大の魅力といえば、サービスの信頼度・安定感です。
SBI証券や銀行、保険などが傘下にあるSBIホールディングスが親会社なので、ブランド力は国内業者の中でもナンバーワン!

独自の厳しい審査を行うことで、融資出来るファンドを選び、ファンドごとにそれぞれ担保を確保しているなど、貸し倒れリスクに対する対策もしっかり取っています。
最低投資金額が1万円から出来る点も初心者にとっては嬉しいポイント。
安定感、信頼度で国内サービスを選びたい方ならまずSBIソーシャルレンディングで間違いはないでしょう。

最初は国内のソーシャルレンディング業者がオススメ!

ソーシャルレンデイングはこれから伸びる! いかがでしたでしょうか。
海外のサービスと、国内のサービスを比較して見ると、やはり国の文化などで扱うファンドが違ったりして、中々面白いですね。

知識がある方や、海外の経済事情に関心がある方、何より英語が出来る方であれば海外サービスをおススメします。

ですが上記に当てはまらない人や、はじめてソーシャルレンディングに挑戦する方は国内サービスでも全然良いと思います。

そりゃぁ発祥の地であるイギリスや、ソーシャルレンディングが身近にあるアメリカ、他海外に比べると日本のサービスはまだまだ未熟な点も多いと思います。
ですが、日本国内のサービスも、海外の良いサービスをたくさん見た上でサービスを創り上げ、運用しているので負けず劣らず良い点もたくさんあります。

実際、日本のソーシャルレンディング市場規模も右肩上がりですので、今後も成長が期待できる資産運用だと思います。

興味がある方が読んでくれていたら、是非当サイトでお気に入りのサービスを見つけて下さい。

  • maneoで投資!投資家Yさんにインタビュー
  • 一般投資家Yさんの資産状況を公開!
  • クラウドクレジット×ラッキーバンク対談企画
  • 突撃!ラッキーバンクに行ってみた!
  • クラウドリアルティ鬼頭社長に特別インタビュー

▶ MENU 一覧

▶ 掲載中サービス業者の詳細

▶ カテゴリー別で比較

▶ 自己資金20万円を投資します!
初心者の実践ブログ

ブログの管理人「ソレン」
ブログの管理人「ソレン」です!

管理人:ソレン
投資家レベル:星評価1
趣味:バイク、アニメ、海

ソーシャルレンディングで投資を始めようと日々、勉強中です!
投資体験ブログを更新していきますねー!

▶ サービス別でブログ記事を読む

▶ 投資に関するQ&A