HOME › REITとは?REITに近い仕組みでサービスを創っているクラウドリアルティに注目!

REITとは?REITに近い仕組みでサービスを創っているクラウドリアルティに注目!

IQOS こんにちは。
ソレンは喫煙者なのですが最近、巷で話題のIQOS(アイコス)に切り替えたんです。
※画像はIQOS(アイコス)公式ページより

最初は不味い!と思っていたんですが、慣れてきたら逆にタバコがダメになってきました。。

吸わない人たちがタバコを不快に思う気持ちが分かって来たんですが、全く吸わない人にとってはアイコスもダメなんでしょうね。。

そして、タバコを吸わなくなってから逆に食欲が増してきてちょっとヤバイなと思っています。。。
ご飯の味が変わった感じはしないんですけど、とにかくお腹がすきます(笑)

既に× kg太ってしまったので、ダイエットせねばです…。。。

さて、それでは今日も本題に入っていきましょう。

クラウドリアルティって何ぞや?

はたまた新しいサービスを見つけたので、今日はそちらの紹介です。
ちょっとサービスの仕組みが他ソーシャルレンディングとは違うので、そちらについても注目したいと思います。

そのサービスというのが・・・

クラウドリアルティ クラウドリアルティ公式ページより

クラウドリアルティ(Crowd Realty)というサービスです。

クラウドリアルティは、不動産に特化した投資型クラウドファンディングサービスです。
インターネットを通じて小額からの出資が出来るクラウドファンディングの仕組みを最大限に活かし、日本国内は勿論のこと、海外の不動産関連のプロジェクトに投資をすることが出来ます。

中心となっているのは、小規模な不動産やリノベーション・開発系のプロジェクトです。
昨年2016年末には、中古マンションのリノベーションサービス「リノベる。」を運営しているリノベる株式会社と業務提携を結んでいます。

リノベる。との業務提携により、今年2017年からはリノベーションをする中古マンションの不動産ファンドも多く扱っていく予定とのことです。

・・・と。
ここまで聞いていると、普通の不動産投資特化型のソーシャルレンディング業者と何が違うんだ?と思いますが・・・

実は、サービスの仕組みが大きく違う のです。

一体何が違うのか?一言で言ってしまうと
クラウドリアルティは、どちらかというとREIT(リート)に近い仕組みでサービス展開をしている業者なのです。

REIT(リート)って何よ?クラウドリアルティの仕組み

まず、REIT(リート)とは何か?という点から説明したいと思います。

REIT(リート)というのは、まず投資家から資金を集めて不動産への投資を行います。
そこから生まれる利益(主には賃貸料収入不動産の売買で得た利益)を投資家に配当するという商品のことを言います。

「不動産投資信託」とも呼ばれていますので、もしかしたらこっちの言葉の方が分かるという人もいるかもしれません。

REITの仕組み 「REITの仕組み」三井住友トラスト・アセットマネジメントより
※上記は一般的な上場REITのイメージです。実際の運用が必ず上記になるとは限りません。

ソーシャルレンディングは投資家が資金を貸付(融資)をし、融資額に応じて返済金に利回りが付いて分配されます。
一方REITは、不動産を運用、または売却して得た利益から、投資家に分配・配当が行われるという違いがあります。

この2つ、似ているようですがビミョ~~~~に違うんです。
私も最初は、何が違うのか分かるまで少し時間がかかりました・・・

REITの魅力としては比較的、安定的な分配・配当が期待できると言った点や、流動性が高く換金性が良いといった点が挙げられます。
基本的に、REITの運用は不動産運用のプロが行う為、運用する手間もありません。
このあたり、自分で運用しない点ではソーシャルレンディングと似た点もあります。

クラウドリアルティでは、このREITに似た仕組みでサービス展開を行っています。
各プロジェクト(ソーシャルレンディングでいうファンド)の最低投資額も出来る限り小額から設定し、多くの人が少ない資金から分散投資が出来るようなサービスを目指しているそうです。

CrowdRealty利用の流れ

クラウドリアルティのファンドの特徴

クラウドリアルティのファンドが他ソーシャルレンディングサービスと比較して、最も違う点が透明度の高さです。

ソーシャルレンディングサービスが提供しているファンドでは貸付先が匿名になっていて、投資先の詳しい情報が公開されていません。
不動産ファンドで言えば、どの場所に建てられる予定で、どんな建物なのかわからないのです。

これには理由があって、一言で言ってしまうと法律で禁止されているからなのです。
※詳しくはコチラの記事をご覧ください。


一方、クラウドリアルティのファンドは不動産ファンドで言えば、例えば建物の建設地の情報。
〇〇市××区△△町といった詳細まで公開されています。

投資家は、どんな場所でどういった建物が建てられるのか?
ファンドの中身を見ながら投資先を選ぶことが出来るのです。

何故、そんなことが可能なのでしょうか?!!

・・・その理由は、ココでは書かないでおきます(秘密)。。。

また、利回りについても驚きの違いがあります。
他ソーシャルレンディング業者が提供している利回りは、最大でも約15%です。

ところが、クラウドリアルティで取扱予定のファンドでは、期待利回りが20~30%クラスも出していきたいとのこと。

期待利回りが20~30%?!!

・・・破格です。。。

何でこんなに高い利回りを提供することが出来るのか・・・

・・・その理由についても、ココでは書かないでおきます(秘密2)。。。

このように、非常に似てはいるけれど、ソーシャルレンディングとは大きな特徴の違いがあるのです。

クラウドリアルティについてもっと知りたい!

当サイト管理人であるソレンも、非常に気になってしまうクラウドリアルティ。

もっと、色んな事が知りたい!話が聞きたい!!

・・・・・と、いう事で。。。

ドドンッ!!!↓↓

クラウドリアルティ鬼頭社長に特別インタビュー!

行っちゃいましたーーー!!クラウドリアルティにっ!!!

そして聞いちゃいました・・・
株式会社クラウドリアルティの代表取締役 鬼頭 武嗣さんに色々とっ!!!!!!←

2017年、初のソレン・カレンのインタビュー特集です!!!!

今回の記事で秘密にした辺りの話もガッツリお伺いしてきましたので、その内容もたっぷりお届けしたいと思います。

インタビュー記事は 近日公開予定です!!

記事がアップされるまで、楽しみにしていて下さいね・・・!!

それでは本日もソレンがお届けしました・・・!!

クラウドリアルティ

クラウドリアルティ
他サービスと一味違う?!REITに近い仕組みでサービス展開!
不動産投資 短期~長期運用 海外投資
利回り 最低投資額 平均運用期間
最大20~30% 約5万円~予定 12ヶ月以内

クラウドリアルティは、ソーシャルレンディングというよりREITに近い仕組みでサービス展開をしています。
一般の投資家にはあまりなじみがなく、難しく聞こえてしまうかもしれませんが、その特徴を簡単に言うと

「ファンドの中身が非常にクリアで、投資の面白さの醍醐味が味わえる」といった点です。

勿論ソーシャルレンディングと比較すると、ハイリスク・ハイリターンなファンドもありますが、今後は多種多様なタイプのファンドを取り扱っていくそうなので、リスクの度合いも自分で選べると思います。
商品の中身をキチンと確認して、投資先を選びたい!という方にはオススメかなと思えるサービスです。



│ 記事投稿日 : 2017年1月19日  │ ブログのカテゴリ : クラウドリアルティ │ 

▶ インタビュー

  • クラウドポートにインタビュー!何が出来るサービスなの?!
  • maneoで投資!投資家Yさんにインタビュー
  • 一般投資家Yさんの資産状況を公開!
  • クラウドクレジット×ラッキーバンク対談企画
  • 突撃!ラッキーバンクに行ってみた!
  • クラウドリアルティ鬼頭社長に特別インタビュー

▶ MENU 一覧

▶ 掲載中サービス業者の詳細

▶ カテゴリー別で比較

▶ 自己資金20万円を投資します!
初心者の実践ブログ

ブログの管理人「ソレン」
ブログの管理人「ソレン」です!

管理人:ソレン
投資家レベル:星評価1
趣味:バイク、アニメ、海

ソーシャルレンディングで投資を始めようと日々、勉強中です!
投資体験ブログを更新していきますねー!

▶ サービス別でブログ記事を読む

▶ 投資に関するQ&A