HOME › オーナーズブックでマイナンバーを登録する!画像付きで手順を解説しています

オーナーズブックでマイナンバーを登録する!画像付きで手順を解説しています

七面鳥の丸焼き こんにちは!
そういえば、来週末はもうクリスマスですね。

今年は、生まれて初めて七面鳥の丸焼きを買おうと思っています。
コストコで。
※画像はコストコの七面鳥じゃないですw

小さい頃からクリスマスに七面鳥の丸焼きを食べるのに憧れていたんですけど、大人になったらそんなことをスッカリ忘れていました。

こないだコストコで七面鳥の丸焼きを見てその憧れを思い出したので、今年はやってみようかなぁと思います。
…ただ、クリスマスってどこもチキン系が、売り切れるイメージなので無事に買えるか不安ですが。。。

それでは今日も本題に入っていきたいと思います。

OwnersBook(オーナーズブック)でマイナンバーを登録しよう

OwnersBook(オーナーズブック)では、マイページにお知らせ表記が出たり、メッセージで送られても来ませんが、マイページにてマイナンバーの登録の受付をしています。

マイナンバーの登録受付を開始したmaneoグループのサービスでは、メッセージが飛んできたり、マイナンバーを登録するようマイページにお知らせ表記が出ていますが、OwnersBook(オーナーズブック)ではそれがありません。

口座開設時にもマイナンバーを入力する項目があるのですが、必須項目ではありません。
マイナンバーを登録していないからといって投資が出来ないということもなく、そのまま利用することが可能です。

OwnersBook(オーナーズブック)では現状(※)、マイナンバーの登録は必須ではないですし、そこまで強く求められないようです。

(※)2016年12月15日現在

・・・ですが。
OwnersBook(オーナーズブック)に限らず、金融商品取引業者や証券会社等が絡むサービスでは、遅かれ早かれ登録者のマイナンバーが必要となります。

それは何故かというと、一言で言うなら法律で決められているからです。

というのも、金融商品取引業者や証券会社等は、税務署に「支払調書」という書類を提出しなければいけません。
これは法律で決まっています。

支払調書を作る際、サービスに口座を持っている利用者のマイナンバーを記入する事が義務付けられているのです。

マイナンバーが実施され始めてからまだ日が浅い為、そこまで強く言われていない可能性もありますが、口座開設者のマイナンバーはこの先必ず必要になる情報です。
ですから最近では、maneoグループのサービスのようにマイナンバーの登録受付を開始したり、口座開設時にマイナンバーの提出を求めるサービスが増えてきました。

ソーシャルレンディングのサービスは、金融商品取引業者や証券会社等に含まれます。
今は義務付けられていなくても、今後登録が必要なことは間違いないので、やっちゃえる時にやっちゃった方が楽かもしれません。

私も、OwnersBook(オーナーズブック)に口座開設した時にマイナンバーを登録しなかったのですが、最近マイナンバー登録の受付を開始し出したサービスも増え、提出の為に必要な資料は手元にあるので、やっちゃおうと思います。

その手順を画像付きで書いていきますので、もしマイナンバーを登録する際には参考にしてください。

まずはマイページにログイン!アカウント設定へ

OwnersBook(オーナーズブック)でマイナンバーを登録するには、まず管理画面へログインします。
そのあとで、画面右上に表示されている自分の名前部分をクリック。

そうすると、プルダウンでメニューが表示されますので、その中の【アカウント設定】を押します。

アカウント設定 マイページ → アカウント設定へ

アカウント設定では、マイナンバーを登録できるほか、自己紹介や個人情報、勤務先情報、口座情報などの情報を登録・編集することが出来ます。

あまり自己紹介が項目にあるサービスは、中々見かけないのですが、OwnersBook(オーナーズブック)では投資家同士コミュニケーションが取れるSNSを利用できることから、自己紹介(プロフィール)入力欄があるようです。

私はまだSNSツールを使ったことがないので、また次回そちらの記事も書いていきましょう。

マイナンバーを登録する

マイページのアカウント設定にいったら、一番下の【マイナンバー】部分までスクロールします。

マイナンバー

マイナンバーを登録していないと、画像の画面のように『登録状態 未登録となっています。

マイナンバーを登録するには、右側にある【登録】ボタンをクリックします。

そうすると、マイナンバーの編集画面が表示されます。
ここで必要になるのは自分のマイナンバーと、マイナンバー確認書類の2点です。

マイナンバーは【個人番号】と書かれた12ケタの番号で、すべて数字で構成書かれているものです。

その番号を手入力で入力します。

マイナンバーの編集

マイナンバー確認書類として提出できるのは次の2点のうち、どちらか1点です。

・通知カード
・個人番号カード

送付方法はどちらも共通して、

・ファイルをアップロードする
・メールで送付する
・FAXで送付する
・郵送する

この4点があります。
今回私は【通知カード】を【ファイルをアップロードする】方法で送付したいと思いますので、その手順を書きますね。

通知カードをクリックし、ファイルをアップロードするボタンを押すと、送付方法が表示されます。

マイナンバー送付方法

送付方法の手順に従って、『参照』ボタンからアップロードするファイルを選択し、最後に確認ボタンを押します。

マイナンバーの編集確認画面に移るので、送信する内容に間違いがなければ、保存ボタンを押します。

マイナンバー送付方法

もし、内容をもう一度編集したい場合には【戻る】ボタンを押せば前画面まで戻ることが出来ます。

これでマイナンバーの登録手続きは終わりです。
再び、マイページのアカウント設定に戻ると【マイナンバー】部分が『登録状況 登録申請済みに変わっています。

マイナンバー登録申請済み

多分、不備などがあればお知らせなどでメッセージが来るのでは?と思います。
無事に申請が通ればまた表記も変わると思います。

以上が、OwnersBook(オーナーズブック)でのマイナンバー登録申請方法です。
とっても簡単で、手続き自体は必要な書類さえあらかじめ用意しておけば2分かからずに終わります。

OwnersBook(オーナーズブック)でマイナンバーを登録する際には、是非この記事を参考にしてもらえればと思います。

以上、本日もソレンがお届け致しました・・・!!

OwnersBook(オーナーズブック)

OwnersBook(オーナーズブック)
投資家同士コミュニケーションが取れる唯一のサービス
不動産投資 小額投資可能
投資しやすさ 信頼性・安心度 使いやすさ
★★★★☆ ★★★★☆ ★★★★☆

不動産事業に強いロードスターキャピタル株式会社が運用するOwnersBook(オーナーズブック)
どの案件も1万円から投資が出来、高利回り設定されている点は投資初心者からも高い支持を得ています。

サービス最大の特徴としては、SNSを通じて、投資家同士でコミュニケーションが取れる点。
利用するしないは自分で選ぶことが出来、良く連絡を取り合う人とは友達申請をすることも出来ます。
お互いに意見交換ができるツールとして、多くの投資家が利用しているツールのようです。
投資には興味があるけど、一人で始めるのは不安…という方にはオススメのサービスだと思います。


│ 記事投稿日 : 2016年12月15日  │ ブログのカテゴリ : OwnersBook(オーナーズブック) │ 

▶ インタビュー

  • クラウドポートにインタビュー!何が出来るサービスなの?!
  • maneoで投資!投資家Yさんにインタビュー
  • 一般投資家Yさんの資産状況を公開!
  • クラウドクレジット×ラッキーバンク対談企画
  • 突撃!ラッキーバンクに行ってみた!
  • クラウドリアルティ鬼頭社長に特別インタビュー

▶ MENU 一覧

▶ 掲載中サービス業者の詳細

▶ カテゴリー別で比較

▶ 自己資金20万円を投資します!
初心者の実践ブログ

ブログの管理人「ソレン」
ブログの管理人「ソレン」です!

管理人:ソレン
投資家レベル:星評価1
趣味:バイク、アニメ、海

ソーシャルレンディングで投資を始めようと日々、勉強中です!
投資体験ブログを更新していきますねー!

▶ サービス別でブログ記事を読む

▶ 投資に関するQ&A